『Microsoft Flight Simulator』はPCをメインに開発が進められており、Modをサポートする。

Microsoftは今月始めに行われたXbox E3 ブリーフィングにて発表された14年ぶりのシリーズ最新作『Microsoft Flight Simulator』の公式ページを更新し、これまで寄せられたいくつかの質問に回答しました。

開発チームによると、「『Microsoft Flight Simulator』はシミュレーターに重きを置いている。メインプラットフォームはPCになるがXboxなどマルチプラットフォームにもゲームの最適化を行っていく。PC版ではModのサポートを行い、現在のエコシステムでの問題改善に取り組んでいます。」とあり、これまでのアドオンなどにも対応するかも

また、ヨークとペダル、マウスとキーボード、コントローラーなどを利用して操縦することができるとのこと。

 

現在、『Microsoft Flight Simulator』はリリースに向け開発中のデモ版にアクセスし、フィードバックを得るためのinsiderプログラムに参加するユーザーを募集しておりこちらのリンクからサインアップすることができます。 https://fsi.microsoftstudios.com/insider-program-sign-up/

『Microsoft Flight Simulator』は2020年にPC、Xboxで発売を予定しています。

 

source: Microsoft Flight Simulator公式ページ